心に、魂に、潜在意識に、インナーチャイルドに光を

心に、魂に、潜在意識に、インナーチャイルドに光を。

癒しが必要でない人はほとんどいない。

普段は素知らぬふりをして、


普通の顔して、


あるいは「がんばってます!」って元気な様子で生きていても、
 
心はいっぱいいっぱいだったりする。


いっぱいなことに、気づかずに。

心は見えないし、


意識しなければ普段はなかなか目を向けない。

そのいっぱいいっぱいな心で生きてるって、

「あなた本来」の状態じゃないってことに、気がつけるといいよね、と思うの。

まずは、そこからだから。


 
考え方や物事の見方が狭まっていたり、

対人関係でいつも同じパターンを繰り返してしまったり、

仕事はそこそこうまくいってもプライベートは満たされないことが多かったり、

でもどうしたらいいのかわからないから一瞬どこかで吐きだして自己完結した気になったり、 

あるいは心や体に症状が出るまで自分を麻痺させていて、つまりは色んな事に鈍感になっていたり、

そんな状態ということ。


 
本来のあなたはね、もっと色んな事をしっかりと見つめ、受け止めることができる。

自分の幸せが、


自分の心を満たすことが何よりも大事で、

愛を感じて生きることが・・・

愛したり、愛されたり、

ゆるしたり、ゆるされたり、

そうやって生きることが、

目には見えないそういうことが真に自分の内側を満たしていくんだということをほんとうは知っていて。

その満たされたものが自然と溢れていくという愛の法則の通りに生きればいいということを、
 
でもどこでどうやって学んだらいいのか知らないだけなのよね。


 


長年、心、魂、潜在意識、インナーチャイルドに光を送り、

そこから心や体の生きる力を再生するサポートをしていて思うのは、

時間をかけて自分に取り組むことに、意味も価値もあるということ。


そもそも、何十年も意識してこなかった自分の心に取り組む時に、


既に出来上がっているパターンに気づき、そこをゆるめていくことから始めていくのだけど。 

そこには必ず「愛」が必要で、

むしろ「愛」だけが必要で、

それを「受取る」ところから始まることがほとんどなの

不安や、怖れや、疑いを持っているインナーチャイルドに、

愛や、安心感や、信頼を伝えていく。

それって時間のかかること・・・というの、わかると思うの。

 
怯えている子供や動物に「大丈夫」を信じてもらうのって、
 
尊重と真摯な気持ちでの行いを差し出し続け、


何があっても、相手がどんな状態でも「続ける」ことが必要なのは、わかるでしょう?


心や魂、潜在意識、インナーチャイルドに取り組むって、それと同じことだから。

何があっても、それをコンスタントに続けていく。ということ。

なので、私のレッスンの主軸は29日間のメイクレッスンや半年間の心のトレーニング、

数カ月のヒーリングレッスン。

【コンスタントに続ける】 【習慣化するまでサポートする】 ための、集中した期間を用意してる。

瞑想会に定期的にご参加いただいている方にも、

かなり上向きに自分を整えておられる方も多数いらしゃって、これもおすすめ。

 
自分に時間と手間とお金をかけるってさ。

そこから始まってるんだよね。

自分を愛する、


自分を見つめるって、

私自身も一生続けていくことだと思ってる。

心には、魂には、潜在意識には、インナーチャイルドには、光が必要なんだよ。
 
一瞬でなく、常にね。

光を与え続けて、そうやって一生幸せに生きるんだ。
 
変化しながら、進化しながら。

 
わたしたちの可能性は無限に広がっている。
 
その扉を開くのはいつも愛でしかない。

無条件の、真摯な愛。

全てのお母さんたちへ

子供を育てるってさ、当たり前にやってるけどすごいことだよね、と思う。


自分のことだけ、あるいは自分と夫のことだけ考えていた時代は遥か遠くでもうどんな感覚だったかも思い出せない。


まずさ、自分より大切なものがある、ということ。


毎日毎日自分より大切ないのちのために考え、

働き、

時間も体力もお金も気力も使って、

それもただ、子供が笑顔でいられるように、

なるべく健やかに育っていけるようにということ。


そのために無条件に愛し、祈り、行動してる。

期待とか欲とかそんなの全く関係なく、
ただ相手のいのちに自分を捧げる行為。

愛の行い。

そんなこと、なかなか体験できないよ。


だからさー、お母さんたち。

自信を持っていいよ、と思う。

もう愛を持って生きてるし(あるいは生きようとしてるし)、

行動だってめっちゃしてるよ?

その行動は、

社会的な評価は今はあまりないかもしれないけれど、

必ずお母さんであるあなたの中に、

何にも変えがたいものとなって蓄積される。


人間的な深み、
相手への愛のある視点、
守り育む力がとても鍛えられる。


人を愛し、育むことにどれだけ膨大なエネルギーを注がなければならないかは、やったことがある人は分かるはず。


赤ちゃんなら数時間おきのおっぱいかミルク、

合間にオムツ変え、

寝かしつけ、

お風呂。


これが24時間絶え間なく続く。


離乳食始まればウンチやおしっこ、

体調をみながらの献立作り、ご飯作りが始まって、

それが1日3食、

365日、

何年も何年もずーーーーっと続く。


泣き止まない子を相手に自分が泣きたくなることもあるし、

どれだけ手をかけ気持ちをかけてもイヤイヤ期、反抗期は必ずやってきてそれは時に母親の心を打ちのめすし、

子供の自我を認め、尊重し、守り育んで、

幼稚園や学校でお友達同士や先生との関係に頭を悩ませたり一緒に泣いたり怒ったり、

再び立ち直ることができるように寄り添ったり、

怪我や病気はいつも急でその度に自分の予定を調整して、

どんなケアをしたらいいのか勉強して、

宿題やテストやらで色んなこと思うし、

口出ししすぎないよう、でも観察しながらこれは一言言わねばならんというところでは嫌われながらもきっちり伝え、

ショックな事があれば共に悲しみ抱きしめあい、

嬉しいことがあれば一緒にガッツポーズしたり笑いあったり、

成長してきたら進路のことや何やらで悩み相談の質も変わってきたり、


とても書ききれないけどさ、


これだけのことでも、いやもう、どれだけのことやってる?って思うでしょう?


母親って、

保育士、栄養士、看護師、カウンセラー、セラピスト、マネージャー、コーチ、ヒーラー、友達、親

これだけの役割をその時々、場を見極めてこなしてるんだよ。


しかもそれをしながら働いたり学んだり、
学校の役員したりさ、してるんだよ。


そして母親自身の体調も心も変動する中でだよ。


すごいよねー。

だからさ、お母さんたちにほんとに伝えたいんだ。

自分を大事にしようね。

子供は育っていく。


その時、成長に応じて子供の成長に応じて自然に手を放していけるように。

依存やコントロールにならないように。

ましてや子供が自己実現の道具にならないように。

子供の成長と共に自分の在り方を変えて、

少しずつ「自分の」望む在り方、生き方を。

しぶとく、力強く実践して叶えていこう。

大丈夫。まだまだこれから。


あなたの幸せや、

望む人生は、

これから自由に描いていける。


そしてそのように生きていくことができる。

全てのお母さんたちに、

そして15年前、

「子供をうまく愛せない。私がこの子達の母親じゃない方がいいんじゃないか」

と思い込んで真っ暗闇の中にいた私に。


なんか今日は、伝えたくなったの。

今のわたし、から始めていく。コツコツと、丁寧に

何度でも基本にたちかえる。

それは 「できない」 からじゃなくて、

人の心の成長がらせん状だから。

今のわたし、からはじめていくために。

【わたしを愛する】 は一生取り組む価値のある、

人の心に、身体に、魂に光をもたらすもの。

そしてその影響は自分だけに留まらない。

必ず周囲の人に、大切ないのち達に広がり伝わっていくもの。

そうして次の世代に伝わっていく。

子供がいる、いない、とかではなく、人の一生の生き様は否応なくこの世界に影響している。

その中でつながっていくのは、愛。

ほんとうのことは、そうやって伝わっていくということ。

人と比べることではなく、

ただ 「わたし」 と向き合う。

比較しない・・・・それだけでも実は大きなチャレンジ。

自分のパターンを超える体験だし、

価値観の大いなる転換が求められること。

先日はそんな体験の、光の瞑想会でした。

新月期の光の瞑想会、明日までです。

お申込み受付中。

心に、身体に、魂に深くアプローチしています。

☆瞑想会詳細はこちらをご覧ください → 

https://ameblo.jp/happylove1/entry-12381506487.html


お申込み・お問い合わせ