今のわたし、を愛し信頼することの力

過去にどんな失敗や、

やらかしたことや、

誰かを傷つけたことや誤りがあったとしても

「今」、どのように生きてるかが大事。

それら全てを踏まえて、学んで成長して生きてる人は素敵だよ。

同じように過去にどんな成功や、

栄光や、

与えたことがあったとしても、

「今」、どのような気持ちや意思や言葉で生きてるかが大事。

全ての力は 「今」 にある。

今のわたし、を信頼してみて。

どこに信頼を置くかということは、

どこに力を置くか、ということ。

そうやって常に 「今のわたし」 をより良く生きようとすることが、

あなたの人生を光で満たしていくことになるの。

言葉にするのが怖い時

言葉にするのが怖いっていうこと、あるよね。

特にNOを表現する時。

別れたい、終わりにしたい、嫌い…

言葉にするのが怖いのは、

言えば現実になることを知っているから。

現実に直面すること、

そこから先の見えない変化に飛び込むことが怖いということ。

でも今のままで本当にあなたは満足?

誰のためでもなく自分のために、

あなたの心が喜ぶ言葉を使ってみて。

決断も現実に直面することも怖いけれど、

それを超えて変化の波に乗ることがきっとできると信じて。

だって今抱えている怖さがなくなるだけで、

素晴らしく心が軽くなると思わない?

軽やかに生きていい。

自分のために、言葉を使ってみて。

言葉には力があるから、だから表現していくの。

言葉の力を自分のものとする。

言えないと思っていることは、

誰かにとってのNOであって自分にとってYES、あるいはGOなんじゃないかな。

自分に、自分の人生にYES、

そしてGOを出していこうね。

共感体質の人が健やかな人間関係を作るために

いつもわたしの中心を感じながら生きてみる。

誰かの言うこと、振る舞いに流されそうになる時ほど

「わたしはどう思っているか」

をしっかりと捕まえて離さないように。

共感体質、エンパスの人は特にこれを訓練してね。

共感体質の人は相手の感情を素早く感じてしまうから、

自分の感情や意思を確認して軸にする前に

他人の感情の力に飲み込まれてしまうことが多いの。

そして他人の欲や願望を叶えようと実際に

「動いて」

しまう。

共感体質の人は、

依存・共依存の関係になりやすい。

人の感情や欲に寄り添うのではなく、

「わたし」に寄り添い

「わたし」の感情を知り、

欲を叶えることで自分自身をしなやかに太くしていくこと。

健やかに自立するためのとても大切なレッスン。

人の願いを叶えない。

相手には自分の願いを叶える力があることを知って。

あなたにもあなたの願いを叶える力がある。