期待を背負うことをやめてみる 〜瞑想会の様子〜

関節や骨に溜まっていた 「私が頑張らなくちゃ」 という気持ちや、

誰かからの期待…
…娘であること、母であること、女であること…

そういったことを丁寧にゆるめ、ほぐし、

ハートのエネルギーを復活させ、

愛する人、大切な人へ愛を送り、

再び 「わたし」 を軸として、しなやかに立ち上がる。

大丈夫、わたしは私のいのちの力を全て使って、

このいのちを喜びとして、

自己への信頼をベースに自立し、自由に、

手を取り合い助け合い、

そうやって生きることができる。

今日はそんな瞑想会でした。

終了後はスッキリ✨との声をいただき、嬉しい限りです😊


新月の瞑想会、明日まで行なっています。オンラインでのご参加も可能です。
お申込み受付中。

言葉にするのが怖い時

言葉にするのが怖いっていうこと、あるよね。

特にNOを表現する時。

別れたい、終わりにしたい、嫌い…

言葉にするのが怖いのは、

言えば現実になることを知っているから。

現実に直面すること、

そこから先の見えない変化に飛び込むことが怖いということ。

でも今のままで本当にあなたは満足?

誰のためでもなく自分のために、

あなたの心が喜ぶ言葉を使ってみて。

決断も現実に直面することも怖いけれど、

それを超えて変化の波に乗ることがきっとできると信じて。

だって今抱えている怖さがなくなるだけで、

素晴らしく心が軽くなると思わない?

軽やかに生きていい。

自分のために、言葉を使ってみて。

言葉には力があるから、だから表現していくの。

言葉の力を自分のものとする。

言えないと思っていることは、

誰かにとってのNOであって自分にとってYES、あるいはGOなんじゃないかな。

自分に、自分の人生にYES、

そしてGOを出していこうね。