心をマヒさせないでね

心を柔らかく動かしていこう。

幸せを感じるのはあなたの心。

とっても嬉しいことがあっても、

心が柔らかく動かなければそれを感じることはできないの。

心を柔らかくするって自分を幸せにするということ。

「あなたが」動かそうとしなければ動かないもの。

あなたの心なのだから。

あなたがどう在るかは小さなことじゃないんだよ

大いなるものの前では私たちは皆小さな存在。

いつも謙虚な気持ちで首を垂れ、
感謝と共に。

でも同時に私たちはとても大きな存在でもある。

一人が光に向かって変化変容する時、

そのあり様は必ず誰かの心に響く。

それは勇気となり希望となり、

知らないうちに人の心を照らすものとなってる。

人はみんな、

響きあって影響を与えあって生きているということ。

だからあなたがどう生きるか、

どう在るかって決して小さなことじゃない。

あなたが奮った勇気は誰かの勇気となる。

あなたが幸せを選択する姿は誰かの希望となる。

皆が自分を幸せにすると同時に、

誰かに光を与えてるの。

だから、自分を愛する、なの。

結果誰かや世界に光をもたらすものであっても、
はじまりは、軸はいつでも「自分」にね。

心を動かしていこう

心を動かしていこう。

喜びを、悲しみを、怒りを、楽しさを、

あなたの中にある心を。

感情を揺り動かしていくことで世界は広がっていきます。


あなた、という人の輪郭がハッキリとしてきて、

まずあなた自身があなたをもっと知ることができるようになるから。


幸せは、心が動くから感じられるもの。