母子の心配を大丈夫に変えていく

心配から 「大丈夫」 へ。   

ただただ子供のいのちのためを思って張りめぐらせたエネルギーを、 

元々は自分の内にあり、

子供のために捧げてきた膨大なエネルギーを、 

自分へと戻していく。   

感情や意図は、エネルギー。 

心配、というのもエネルギー。  

けれどもうそれがいらないのであれば、 手を引いていく必要がある。  

手の引き時を違えると、

依存共依存の関係が構築されていってしまう。    

互いのエネルギーを健やかに保つために、 

再び、自立した人間同士であるために。   

母の愛はかわらない。 

在り方を変え、今度は自分に夢中になれる、

そんな人生のステージがやってきている。   

授けてきたエネルギーを戻す時には、 


思いもかけない、涙が出るようなプレゼントがついていて。    

親子の間で愛のやり取りを、

時間をかけてしてきていたんだな、ということがよくわかる、 

そんな瞑想会でした。   

けれど今日からは、新しいわたしで生きていく。  

お母さんであることは、ずっと変わらない。

 けれども、自分のエネルギーを自分のために使っていく。 

完全燃焼させていく。   

その姿を、新しい姿を見られるお子さんは、幸せですね、と思います。    

 

【2019年8月の光の瞑想会】

◇2日(金)~7日(水) 10時~11時半 新月期の瞑想会。

土用の期間でもあります。特に心身の調律を心がけることがおすすめな時期。

!!注意!!

4日、5日はお休みです。

◇15日(木)~17日(土) 10時~11時半 満月期の瞑想会。

◇28日(水)~9月1日(日) 10時~11時半 新月期の瞑想会。

☆瞑想会詳細はこちらをご覧ください → 

https://ameblo.jp/happylove1/entry-12381506487.html

お申込み・お問い合わせ

罪悪感と恨みごと

罪悪感と恨みごとってセット。

罪悪感を握りしめて被害者になると、

恨み事が湧きでてくる。

恨み事は誰かを、又は自分を呪うエネルギー。

つまり加害者のエネルギーもセットになっているということ。

罪悪感から自分をどんどん解放していこう。

もう恨みごとなんて言わなくていいと、

自分に伝えてあげよう。

自分を愛して、自分にもっと優しくなって。

ドツボにはまっているときは

「もしかして私、被害者になってないかな?」

という視点を持ってみるのもおすすめ。

もし被害者になっていたら、

「わたしはかわいそうじゃない。

わたしは自分を守ることができる。

わたしにはその力がある」

と心に決めて。

そうしてゆっくりと顔を上げて周りを見渡してみて。

大丈夫。

世界は敵じゃない。

敵に思えるものがいたら、

それを見続けるか目をそらして自分の味方を見つめるか、

自分で選択できるということを思い出して。

あなたはいつでも、

自分の味方を見て信頼する道を選ぶことができる。

誰よりもまず、自分が自分の味方でいること。

誰が何と言おうと、自分の尊厳を守り抜くこと。

あなたのことを好きで信頼している人は必ずいる。

あなたは他人に踏みにじられたりコントロールされていいような存在じゃない。

たった一人の、とても大切な人。


だから自分を手放さない、自分を裏切らない。


罪悪感を持ち続けているということは、

心にも体にもとても負担の大きいこと。


気づいたら手放していこう。

気づいていないけどなんだか生きにくいと感じている人は、

ゆったりと自分の思考や感情のパターンを観察してみて。


そうやってまずは自分を理解してあげてね。

コントロールされた日々から、愛と自立へと

過去の体験から、そして敏感な資質から、まるでハリネズミのように自分を守るトゲをつけて、

こわいものが沢山だった日々。

自分を愛する、ということを誰からも教えられず、

責められたりコントロールされることが日常で。

そんな状態で思う 「これがわたし」 という自己像、そして他人から見たその人のキャラクターは、

本来のその方の持つ力強さや楽しさとは、かけ離れたところにありました。

そんな状態から少しずつ少しずつ、

でもその時できる最大限のレベルで心と体をケアし、

魂の癒しを深め、

過去のパターンを繰り返さないよう、日常の生活のなかの一つ一つに 

「今ならどう向き合う?」  
「自分を愛していたら、どんな反応をする?」 

と取り組み直し、

恐れを超えて過去を受け入れ、

愛されることを受け入れ、

勇気を持って自分と向き合い続けた、Aさん。

時間をかけることをご自身にゆるし、

辛い時は辛い、と言えるようになり、

真実の眼を開き、

わたしのほんとうに楽しいと思うこと、を再発見し、

愛を信頼するチャレンジを続け、

自己信頼が大きく大きく、育っていきました。

私のところにいらしてくださってから、

ほんの2年で暮らしぶりや心の方向性は見違えるようになり、

日々色々ありながらも、

「本来のわたし」 

の姿を生きるベースが整ったのではないかしら、と思います。

20年も30年もかけて培われた自分自身のパターンと向き合う時、

繰り返し新しいパターンを生きて、

何度でも出てくる古いパターンへの揺り戻しを修正する、ということが必要になってきます。

そして新しいパターンに目覚め、

それを生きるためには、潜在意識や魂のレベルでの 「気づき」 が必要です。

これは実はとても怖いこと・・・・「怖い」と感じること。

自分の人生に根底からの変化を起こす、ということですから。

他人でもなく環境でもなく 「自分」 が変化するということは、他の何のせいにもできなくなるということ。

甘えと依存の世界から自立した世界への移行

もう、これまでの自分ではいられなくなる、その覚悟を決めるというプロセスなしには体験できないようなこと。

時間がかかるものなのです。

怖いと感じるレベルのことなのです。

手間がかかるものなのです。

そういったことを理解せず、

時間がかかることを嫌がったり、

うれしい~!ラクチン!ハッピ~!だけで変容できると勘違いしていたり、

自分にとって都合のいい変化だけを求めたり、

表層的でインスタントな変化や気づきだけで人生をウロウロしてしまう方が、

迷子

のような状態になっているのを最近多くお見かけします。

特に中途半端にスピリチュアルな知識やアドバイスを得ていると、

ふわふわとしてしまって現実から目をそむけてしまい、

心身ともに不安定な状態になりやすい、と思います。

あと不安定になりやすいのは、頑固な人ね。

自分ではなく周囲が変わってほしくて、自分が変わることを頑なに拒んでいると、

様々歪みが生じて結果、ご本人の心身にその歪みが作用するな、と感じます。

スピリチュアルなことって、取り組めば取り組む程 【現実的】 にならざるを得ないもの。

他の誰でもなく 「自分」 が変わらなければ始まらないもの。

エネルギーや意識の状態は、現実や肉体といったレベルに必ず作用するものだから。

水が高きから低きへ流れるように、エネルギーや意識は現実や肉体へと降りてくる。

とても自然な作用。

それが引き寄せの法則の原理でもあります。

逆に、現実や肉体を一生懸命変えようとしても、

変わったと思っていても、

エネルギーや意識が変わっていなければ自然の摂理として、

当然以前のパターンを繰り返すことになります。

だから、最初にエネルギーや意識の状態に取り組むのです。

心に、意識に、魂に取り組む。

愛をベースに生きることをレッスンし、自己信頼を育んでいく。

それは、水が流れるように現実へ、肉体へと作用していきます。

心のトレーニング

自分を愛する、をベースにエネルギーや意識、心の方向性を伸びやかに解き放っていく、12回のレッスンです。

健やかに、健やかに。

喜びと共に。

自分が幸せに生きるのに必要な存在と共に。

現実的に。

真の変容を。

随時、お申込み受付しております。

お問い合わせはこちらからどうぞhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/7c128a2e330606