■■■依存・共依存について その1■■■

他人との境界を越えて相手の権利を踏みにじらないこと

あなたには、自分の足で立ち、自分の足で人生を歩いていく力があります

人から奪わなくても、自分の足で人生を歩いてくのに必要なものは全て、あなたは持っています


 



相手から、物であれ、時間であれ、感情であれ、エネルギーであれ、奪わないこと

きちんと相手を尊重すること

自分がされて嫌なことは、人にもしないこと

相手の気持ちを考えること

自分の状態を調えること

これは、人間社会で生きていく上での最低限のマナーです



 


依存してしまいたくなる人は、共依存の人を批判するのをやめましょう

依存させてくれない人を批判するのをやめましょう



共依存の人は、依存してくる人を批判するのをやめましょう



批判からは何も生まれません

そして依存にしろ共依存にしろ、誰かのせいでそうなっているのではありません



全てはあなたの問題なのです



あなたがどうしたいか、全てはそこからはじまっています

これから、あなたは自分がどうしたいかで、自分の人生をもっと自由に生きることができます



分からないことは素直に分からないと認めましょう

知ったかぶりをしなくてもいいのです

そして「教えてください」と教えを乞いましょう

教えを乞われた人は、馬鹿にせずに傲慢にならずに、親切に教えてあげましょう

知らないことがあるのは素敵なことだと、伝えてあげましょう





誰かが失敗することを尊重しましょう

自分が失敗することを尊重しましょう

誰にでも、失敗する権利があります

失敗しなくては分からない事もあります

失敗を笑ったり馬鹿にしたりせずに、相手を尊重しましょう

失敗した自分を「よく頑張った」と認めてあげましょう

誰かが認めてくれなくてもいいのです

自分で認めてあげましょう

失敗を笑ったり馬鹿にしたりする人は、自分がそうされる事を恐れている人たちです

そういう人たちを気にかけずに、自分のために、失敗しましょう




誰かが苦労することを尊重しましょう

自分の苦労を尊重しましょう

誰にでも、苦労する権利があります

苦労したことは、苦労した人の宝となります

相手の苦労に同情して親切なフリをして苦労を奪うのは、もうやめましょう

同情から、親切だと思って人の苦労を奪うのは、奪ってしまうあなたのこころの在り方に見つめるべき部分があるということです

同情から人を本当にサポートする事はできないことを知りましょう

同情ではなく信頼から、人を見守ることを覚えましょう

苦労している人を見下すのも、もうやめましょう

何度も言いますが、人は苦労を宝にすることができるのです



自分には考える力があることを知りましょう

誰かにも考える力があることを知りましょう

誰かの考えを奪わないこと

考えさせてあげること

自分で考えること

誰かの考えを自分の事のようにひけらかさないこと




行動できない理由を挙げ連ねるのをやめましょう

「だって」「でも」と言うのをやめましょう

言い訳して人生を過ごすのではなく、できることからはじめましょう

自分の人生を、自分で引き受けましょう

腹を括って生きていきましょう

人生の全ては、あなたの意思と感情の通りに展開していきます

今現在の状況も、あなたの作り出したものなのです



勇気を持ちましょう

怖れから選択していた行動を変えていきましょう

劣等感から言葉を、行動を発することを、やめましょう。

自分の尊厳を守るために、勇気を出して行動しましょう

自分のからだとこころの安全を守りましょう

全力で、勇気をもって自分のからだとこころの安全を守りましょう



自分をかわいそうな人にしないこと

誰かも、かわいそうな人にしないこと

あなたはかわいそうな人などではありません

誇り高く生きることが、必ずできます

卑屈さから抜け出しましょう

誰も、こそこそと生きる必要はありません

「かわいそう」から抜け出すのは、あなたの意思と行動にかかっています




助けを求めていい事を知りましょう

「大丈夫だから」と言わずに、素直に助けを求めましょう

強がりを言うのをもうやめましょう

辛い、という自分を認めましょう

泣きたくなったら、泣きましょう

どうしたらいいか分からない、と泣いていいのです

友人に、必要な機関に、さまざまな場所に助けを求めていいのです

あなたに必要なサポートを受けることを、自分に許可しましょう



自分の世界が、自分の考えが完全ではない事を知りましょう

自分の考えだけが正しい、と思っているということは、あなたが天狗になっていることだと知りましょう

他の誰かの世界を、他の誰かの考えを大切にしましょう

そして話し合いましょう

論争ではなく、平和的に意見を合わせることが、本当は誰にでもできます

自分の権利を守ると同時に、誰かの権利も尊重しましょう



今の自分とこれまでの自分のありのままを認め、受け入れましょう

しかしこれまでの状況に甘んじるのではなく、自立していくために必要な事はなんでもやりましょう

人生は変化するものだと考え方を変えましょう

変化とはあなたに都合のいい変化の事ではありません

そのような変化は、変化とはいいません

あなたの脳味噌で考える変化は、あなたの予定の範囲内ということです

そこには既に、あなたの限界が設定されています


あなたの想定外の変化を受け入れましょう

変化に抵抗するのではなく、変化の波に乗りましょう

もう、これまでのあなたのままでいることはないのですから

そして誰だって、変化しているものなのです


自由にしなやかに生きている人達は皆、ダイナミックな変化を受け入れている人達です



自分だけが特別だという考えは手放しましょう

この考えは差別や甘えに直結しています

あなたが大切な一人の人であると同時に、他の人も一人一人が大切な一人の人、一つのいのちなのだということを知りましょう





あなたは頼られている時に最も輝くのではありません

あなたは、自分の最も好きなことをしているときに、最も輝くのです

だれかが、あなたを輝かせてくれるわけではありません

あなたを輝かせるのは、あなたの内側から溢れ出てくる喜びのエネルギーだけです




誰かに必要としてもらう事を、誰かに評価してもらう事を、誰かに愛される事を目標にして生きるのをやめましょう


あなたが誰からも奪わず、誰かを尊重し、自分がされて気分のいいことを誰かにして、自分の本当に好きな事を真摯にやり続けた時、人は自然とあなたを好きになりはじめます


あなたの佇まいが、自然と人を引き付けるようになります



自分が必要だと言われたくて生きるよりも、愛されたいと願いながら生きるよりも、そのように生きた時にあなたは何倍も楽に、楽しく人生を送ることができるでしょう


すっと立つ、美しい木のように、美しい花のように、あなたも生きることができます
 

投稿者: いずみ

霊視によるリーディング、仙骨ヒーリング、光の瞑想会、メイクレッスンを通して女性の心と体・魂の癒しと変容をサポート。 霊能力者、ヒーラー。 幼い頃から宇宙、神さまとの対話を自然と行っていた。 人間よりも宇宙、神さま、植物、動物と対話をし心を通わせることの多かった子供時代を過ごす。 霊能者としての資質を磨き、霊的世界と現実をつないでいく修養のためにヒプノセラピー、クリスタルヒーリング、自然療法、占星術、数秘術、マクロビオティック、薬膳、ローフード、東洋思想、メイクアップ、メンタルヘルスなどについてを学び、研究する日々。   現実的には、アダルトチルドレンの体験があり罪悪感や自己否定感を癒すことなく、ただ頑張ることだけで人生を超えてきたが、30才~35才の時期、育児をはじめ全てに行き詰まりどん底に。 子供を上手く愛せていないと思いこみ、自分を責め、自分を否定する日々。 親族に関してはトラブルや心配事が絶えず、毎日のように振り回され、けれど嫁の立場から何か言うこともできずひたすら忍耐。 何年もこのような状態が続き、心も体もボロボロになる体験をする。 いよいよ自分自身が行き詰まった時に、 子育てが、仕事が、親族が問題なんじゃない。 自分自身を根底から変えない限りは現状は変わらないのではないか、 と気づき自分自身を見つめ癒しながら数々のスピリチュアルな学びの場に参加。 自分を見つめ愛することを毎日実践、体験する日々を過ごしているうちに あれほど苦悩していた子供との関係が愛や楽しさに満ちた、望む関係へと変わっていき、 それと共に夫との関係もどんどん幸せに・・・。 同時に自分を肯定することができるようにもなり、 生まれて初めて、現実的な実感として「私は愛されている」「私は大丈夫なんだ」という感覚を得られるようになる。   愛がベースになった時、元々持っていた霊的資質も同時に大きく開いていった体験から、 同じように罪悪感や自己否定で生きにくさを抱えている女性のために、2006年より自分を愛するためのヒーリングやヒプノセラピーの個人セッションを開催。 「心と体を見つめる二泊三日のローフード合宿」 「遠隔一斉ヒーリング」 「心の救急センター」 「いのちの学校」 など、心と体・魂と現実をつなげるためのセッションを多数開催するようになる中で、2012年にはメイクアップ認定講師の資格も取得。 心と体、魂に加えて「見た目」で実際的なエネルギーチェンジさせるメイクレッスンも提供している。 ☆メンタル心理カウンセラー ☆上級心理カウンセラー ☆家族療法カウンセラー ☆チャイルドカウンセラー ☆メンタルヘルスマネジメント検定 Ⅱ種   ☆メンタルヘルスマネジメント検定 Ⅲ種   ※※当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用は禁止です。転載・転用ご希望の方はお手数ですがご連絡ください。※※

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です