共感体質の人が健やかな人間関係を作るために

いつもわたしの中心を感じながら生きてみる。

誰かの言うこと、振る舞いに流されそうになる時ほど

「わたしはどう思っているか」

をしっかりと捕まえて離さないように。

共感体質、エンパスの人は特にこれを訓練してね。

共感体質の人は相手の感情を素早く感じてしまうから、

自分の感情や意思を確認して軸にする前に

他人の感情の力に飲み込まれてしまうことが多いの。

そして他人の欲や願望を叶えようと実際に

「動いて」

しまう。

共感体質の人は、

依存・共依存の関係になりやすい。

人の感情や欲に寄り添うのではなく、

「わたし」に寄り添い

「わたし」の感情を知り、

欲を叶えることで自分自身をしなやかに太くしていくこと。

健やかに自立するためのとても大切なレッスン。

人の願いを叶えない。

相手には自分の願いを叶える力があることを知って。

あなたにもあなたの願いを叶える力がある。


母子の心配を大丈夫に変えていく

心配から 「大丈夫」 へ。   

ただただ子供のいのちのためを思って張りめぐらせたエネルギーを、 

元々は自分の内にあり、

子供のために捧げてきた膨大なエネルギーを、 

自分へと戻していく。   

感情や意図は、エネルギー。 

心配、というのもエネルギー。  

けれどもうそれがいらないのであれば、 手を引いていく必要がある。  

手の引き時を違えると、

依存共依存の関係が構築されていってしまう。    

互いのエネルギーを健やかに保つために、 

再び、自立した人間同士であるために。   

母の愛はかわらない。 

在り方を変え、今度は自分に夢中になれる、

そんな人生のステージがやってきている。   

授けてきたエネルギーを戻す時には、 


思いもかけない、涙が出るようなプレゼントがついていて。    

親子の間で愛のやり取りを、

時間をかけてしてきていたんだな、ということがよくわかる、 

そんな瞑想会でした。   

けれど今日からは、新しいわたしで生きていく。  

お母さんであることは、ずっと変わらない。

 けれども、自分のエネルギーを自分のために使っていく。 

完全燃焼させていく。   

その姿を、新しい姿を見られるお子さんは、幸せですね、と思います。    

 

【2019年8月の光の瞑想会】

◇2日(金)~7日(水) 10時~11時半 新月期の瞑想会。

土用の期間でもあります。特に心身の調律を心がけることがおすすめな時期。

!!注意!!

4日、5日はお休みです。

◇15日(木)~17日(土) 10時~11時半 満月期の瞑想会。

◇28日(水)~9月1日(日) 10時~11時半 新月期の瞑想会。

☆瞑想会詳細はこちらをご覧ください → 

https://ameblo.jp/happylove1/entry-12381506487.html

お申込み・お問い合わせ

インナーチャイルドの癒し

インナーチャイルドとは内なる子供のこと。
あなたの心の中にいる子供の要素。

一人ではなく複数の、
色んなタイプのインナーチャイルドが心の中にいると思ってみて。

まるで幼稚園のクラスみたいに。

とても賑やかね。

そしてね、心や体に傷を負ったインナーチャイルドがいると、
現実で生きにくさを抱える事が多いの。

例えば恋愛がうまくいかない、
人間関係で同じパターンで別れを繰り返しがち、
勉強や仕事に対しての取り組み方で限界を感じる、
女性ならメイクやファッションに抵抗がある・・・等々。

これってインナーチャイルドを見つめることで

「これが私のパターンの根源だったのか!」

と気づくことがセッションの中で多くあって、

ここに気づいていけると自分の中で納得感が大きいから、

その後色んなことが上手くいきはじめたりする。

心の中って芋づる式に色んな事がつながっているから、
それは当たり前のことなのだけれど。

そのパターンの根源であるインナーチャイルドを発見し、
見つめ、
癒していくことって、

自分を愛することそのもの。

見たくない、とフタをしてきた自分の一側面に光を当てて、抱きしめる。

インナーチャイルドの分野は心のとても深い部分に根を張っていて、

表層的な癒しを進めていってやっと出会えるインナーチャイルドもいる。

それだけ強く無力感や不信感、
自己否定感を「知らないうちに」人は心に抱えているということ。

これは自分では全然気づかない。

潜在意識の奥底の話だから気がつくのは無理に決まっているのよね。

それでも現実ではちゃんと 「生きにくさ」 という形でインナーチャイルドが声を上げている。

気づいて、私の痛みに気づいてケアしてほしいって。

言い方を変えると、
インナーチャイルドを見つめたりケアしたりするのは一人では無理だということ。

私はセッションの際、

どんなインナーチャイルドが出てきても大丈夫ですので、
自分で自分の感覚を否定しないでくださいね、

とお伝えするのだけれど、

それ程勇気や覚悟がいることも少なくない。

多くの人が自らの心に目を向け、
インナーチャイルドを癒し愛していったらどれ程多くの光が一人一人の心に灯るだろう、と私は考えてる。

それは自らを照らす明かりとなり、
家族や愛する人を照らし、
社会を照らし、
未来を照らすものとなるはず。

愛や平和な心を持った人が増えていくということだから。

真に未来に伝えていく価値のあるもの。
それは愛や心の平和だと思わない?

一人一人が自分の人生において未来を担っている。
あなたも、わたしも。

自分の生き様において 「ほんとうに価値のあるもの」 を未来につなげていきたいと思ったら、
そうやって自分の心を整えていくことも立派な社会に対する貢献となる。

ためしに3日実践してみて。
内なる愛と片時も離れずに生きることを。

私はこれをもう何年も実践しているけれど、
生半可な心構えではできないことなの。

全てを「わたし」に還元し、
内なる愛に照らして生きるって並大抵ではないこと。

でも努力する価値のあること。

インナーチャイルドを癒し、愛し、
共に生きることを何度でも自分に誓うこと。

一人でも多くの人がその価値と大切さに気づいていけますように。