いつも「わたしがどう在るか」で世界が決まるから ~光の瞑想会の様子~

頑張ることのベクトルを見直すこと。

いつも誰かのために、何かのために・・・ではなく 「わたしのために」 愛のエネルギーを使い自分をケアすることで、

自然と色んな事が上手くいく世界へ飛び込むための、最初の一歩。

いつも誰かに向けていた優しさや、労わりや、思いやりをそのまま、

「大切なわたし」 へと向けていく。

大切なあの人も、わたしも、

等しく同じに大切な人だということを心から認識して、

「わたし」 に対して優しさを向けていく。

いつも 「わたしがどう在るか」 で世界が決まる。

だから、 「わたし」 をより軽やかに整えていくんだ。

9月の満月期、光の瞑想会の最終日は、

こんな風にひたすら自分の軸をケアし、整え、愛を送る時間でした。

初めての方もお迎えしながら素晴らしい時間となったこと、とても嬉しいなあと思います(*^_^*)

次回の 【心と体・魂をつなぐ光の瞑想会】 は新月期の27日(金)~30日(月)です。

こちらからお申込み受付中→お申込み・お問い合わせ

お母さんから出てくる光で、ぼくたちは大きくなるんだよ〜瞑想会の様子〜

母と子の絆というのはこんなにも純粋で強いものなのか、
涙があふれる瞑想会が行われたのは昨日のこと。

ご縁ですね、参加者の皆さんは男の子のお母さん。

お母さんがそこにいてくれたから、
ぼくはこんなに大きく育ってくることができたんだよ。

お母さんから出てくる光で、ぼくたちは大きくなるんだよ。

そんなすごい存在であるお母さんが、
自信をなくしたり、
自分を責めたりすることが、
とても信じられないよ。

もっと自分のすごさに気づいて、
何かをしなくちゃ、と思うより、
笑っていてくれたらぼくらは大丈夫なんだよ。

真っ直ぐで温かなメッセージ。
素晴らしい時間でした。

喜びを生きる以上に大切なことはなにもない 〜瞑想会の様子〜

いのちを祝福し、
体を、骨や関節、筋肉、粘膜…細部までクリーニングし、
チャクラを通して振動数を上げていき、

人生で大切なことはただ、自らのいのちを祝福し、
自分を愛し、 喜びを生きること。

怖さを超えて。

自分を否定したり、
罪悪感を持ったり、
自信をなくしたり、そういうことをもう手放して、
子供のように純粋に自分の喜びに向かっていけばいい。

昨日はそんなメッセージにあふれた、瞑想会でした。

メッセージをお伝えしながら、あまりに強い 「喜びを生きなさい」 というエネルギーに、涙が出てきました。

昨日は、夜間のプライベート瞑想、
その後霊視のご依頼と、
みっちりと充実した一日となりました。

オンラインにて夜間対応しております。
ご相談くださいね。